シーメンス製制御機器およびソリューションを使用したシステム設計を実現するための技術情報サイト

海外仕様の制御設計の技術サイト|シーメンス 制御設計.COM

シーメンス 制御設計のお困りごと技術相談室

メールでのお問い合わせ

制御システムにとってのサイバー攻撃の脅威

制御システムのセキュリティについてご紹介しました通り、ここ数年で制御システムを狙ったサイバー攻撃が増加しており、いまや制御システムにとってセキュリティ対策は非常に重要な課題となっています。
では、制御システムを狙ったサイバー攻撃について、いくつかの事例をご紹介します。

事例1.2003年1月、米オハイオ州のDavis Besse原子力発電所の制御システムがワーム型ウィルス(WORM_SQLP1434)に感染して、5~6時間にわたって安全管理システムが停止。
 事例2.2010年7月、イランのブジェール原子力発電所が不正プログラムStuxnetの攻撃を受けて制御システムシステム停止。
事例3.2011年2月、ブラジルの発電所で制御システムがウィルス(WORM_DOWNAD)に感染して発電所の運用が停止。

これらの事例の様な発電所を狙った攻撃の他に、ガス・水道の様な重要な社会インフラが攻撃の対象となっています。