シーメンス製制御機器およびソリューションを使用したシステム設計を実現するための技術情報サイト

海外仕様の制御設計の技術サイト|シーメンス 制御設計.COM

シーメンス 制御設計のお困りごと技術相談室

メールでのお問い合わせ

Industry 4.0について

今回は『Industry 4.0』についてご紹介します。

まず、Industry 4.0とは、ドイツ政府が提唱したもので、第4次産業革命のことを示す言葉です。

Industry 4.0では「工場のスマート化」に重点がおかれており、コンピューターなどで制御される多数の生産関連の装置が、会話するように相互に情報をやりとりして、状況を判断し、効率的な生産を実現させることを目的としています。

Siemens社はIndustry 4.0に対応したものづくりの未来像を提示しつつ、既にある製品群を活用して、工場を進化させるソリューションを売り込んでいます。
プログラマブル・ロジック・コントローラー(PLC)、ヒューマン・マシン・インタフェース(HMI)、工作機械を制御するコンピューター数値制御(CNC)、産業用パソコンなどが代表例です。

これらを導入ることにより、工場内の多数の産業機器を制御装置でつなぎ、統合的に管理することで生産効率を高める「TIA(Totally Integrated Automation)」が可能となります。

これはPLCやCNCなどさまざまな分野のFA機器で高いシェアを持つSiemens社だからこそ実現できることです。
工場自動化の際に、Siemens社の製品導入をご検討されてみてはいかがでしょうか。