シーメンス製制御機器およびソリューションを使用したシステム設計を実現するための技術情報サイト

海外仕様の制御設計の技術サイト|シーメンス 制御設計.COM

シーメンス 制御設計のお困りごと技術相談室

メールでのお問い合わせ

シーメンスPLC S7シリーズの特徴

シーメンスPLC現行シリーズの特徴について紹介します。

・S7-300シリーズ
世界トップクラスのシェアを持つ、
SIMATICシリーズの中で最も汎用的なPLC。
豊富なモジュール。(デジタル,アナログI/O,通信,ファンクション)
CPUのロードメモリとしてマイクロメモリーカードを採用し、
バックアップバッテリーを排除。

・S7-400/400Hシリーズ
S7-300のハイエンドタイプとして処理速度、メモリ容量の向上。
リモートI/OとしてS7-300シリーズのモジュールを使用可。
S7-400Hシリーズは二重化(リダンダントシステム)対応。

・S7-1200シリーズ
小型化マイクロPLC。
CPU全機種にイーサネットポート,を標準搭載。
CPUにデジタル,アナログI/O内蔵及び高速カウンタ、パルス出力も搭載。
内蔵フラッシュメモリを採用し、バックアップバッテリーを排除。

・S7-1500シリーズ
S7-1200のハイエンドタイプ。
CPUに搭載のWebサーバ機能によりCPUステータスを遠隔よりインターネット
ブラウザにて確認可能。
CPU前面にカラーディスプレイを搭載し、保守ツールの接続なしに
ステータス確認可能。

現状、S7-300/400シリーズが主流ですが、将来的にはS7-1200/1500シリーズへと
移行していくと思われます。